2018年10月30日

カテゴリー:

資金繰り


資金繰りがきつくなったときの資金対策~手元のキャッシュを作る7つの手法~

365日ブログ

456日目 

 

3つの処方箋で

自転車操業の会社を安定操業へ導く!

 

財務の専門ドクター

畑中 外茂栄(はたなか ともえ)です

 

 

今回は持っているモノの中から

手元のキャッシュを作る7つの手法です

 

 

 

 

 

1. 定期預金の解約  

 

 

 

銀行とのお付き合いや万が一のための資金として、

定期預金で貯めている方も多いと思います

 

 

通帳から毎月決まった額が

自動的に天引きされている場合や、

金額が少額だった場合に意外と忘れがちです

 

 

定期預金が今どれだけ貯まっているか、

定期預金の通帳や残高証明書などで

把握できる体制を作っておくと良いでしょう

 

 

2. 動産・不動産の売却 

 

 

 

動産機械

不動産土地建物です

 

 

特殊な機械や高級車など市場価額が存在する場合には

売却することでキャッシュを作ることができます

 

 

業務に必要であればリースに切り替えて

固定費として毎月払っていく方法もあります

 

 

また土地や建物は利用していないものであれば、

売り手が見つかれば売却することで

キャッシュを作ることができます

 

 

動産も不動産も売却後は

固定資産税(償却資産税)等の

諸経費や維持費も節約できます

 

 

 

3. 金融資産の売却   

 

 

 

 

金融資産とは、

ゴルフ会員権や保養施設などの施設利用権

証券会社の口座に眠っている投資信託

最近では仮想通貨も該当します

 

 

 

金融資産は換金性が高いので、

売却する時点の時価が高ければ

キャッシュを作ることができます

 

 

また先代経営者が購入した場合などには、

後継者がそれほど利用していないケースもあります

 

 

こういった場合には売却をするのも1つの手です

 

 

4. 生命保険      

 

 

 

経営者の退職金等に備えるために

貯蓄性が高い保険に加入して積み立てている場合、

解約することで解約返戻金を受け取ることができます

 

 

ただし、

解約返戻率が悪い時期に解約してしまうと

支出した金額よりも受け取る金額が大幅に減ってしまいます

 

 

解約するのは不安という方は、

受け取る保険金の中から借りることができる

契約者貸付制度の利用を検討しましょう

 

 

ただし、

万が一の時に保険金を利用できない可能性があるため、

利用にあたっては慎重に検討をしましょう

 

 

 

5. 金融機関からの借入   

 

 

 

金融機関から運転資金や設備資金として借りる方法です

 

 

資金使途(運転資金or設備資金)と回収計画を明確にし、

銀行からの融資の実行可能性を高める

事業計画を作成をするのがポイントです

 

 

借入実行後の財務的なモニタリングは

より慎重に行っていきましょう

 

 

6. 経営者個人からの借入

 

 

 

経営者個人、あるいは親族、

役員の個人から一時的に借りる方法です

 

 

法人の通帳にキャッシュが無くても

個人の通帳にキャッシュがあれば有効な方法です

 

 

返済期限は特に無いため、

金融機関等のような利息も発生しないので

短期間の資金繰りのために有効は方法です

 

 

 

7. ファクタリング   

 

 

 

ファクタリング とは、

企業が保有している売掛金

ファクタリング会社が買い取る方法です

 

 

売掛金の入金サイトの期日前に、

現金化することでキャッシュを作ることができます

 

 

金融機関の借入を断られた場合や

個人からの借入も困難な場合には

検討するのも1つの手です

 

 

8.まとめ        

 

 

一般的に利用される多い手法を中心に記載しました

 

 

1つの方法や組み合わせて利用することで

まとまったキャッシュを作ることができます

 

 

会社は倒産するときは、

決算書の数字が悪くなったときではありません

 

 

通帳のお金が尽きたときに会社は倒産します

 

 

売上も利益、利益よりもキャッシュが大切です

 

 

緊急性の程度や必要なキャッシュの金額によって

自社に合った手法を選択していきましょう

 

 

本日もお忙しい中お読みいただき、

どうもありがとうございました

 

 

3つの処方箋で

自転車操業の会社を安定操業へ導く!

 

財務の専門ドクター

畑中 外茂栄

戻る