2017年12月9日

カテゴリー:

決算・決算書・決算業務


”ゆうほう”って見たことありますか?~UFOじゃないよ~

365日ブログ

131日目

 

公認会計士・税理士

畑中 外茂栄です

 

 

今週は2日間、

会計士の仕事の監査業務

行ってきました

 

 

今日は少し、

会計士の仕事について

書こうと思います

 

===================================

会計士は

上場企業会社法で規定されている会社

(資本金5億円以上または

負債200億円以上)の

決算書が正しく作成されているかをチェックし、

意思決定情報としての

決算書を保証・証明する業務を行っています

===================================

ポイントは、

意思決定情報として決算書が使えると太鼓判を押すことですね

 

 

一方で

税理士の仕事は、

決算書を代行して作ることです

 

 

似ているようで、

ちがうわけですね

 

 

それでこの決算書は、

適用される法律によって形を変えます

 

 

上場企業であれば、

有価証券報告書という決算書を作ります

 

 

 

この決算書を、

略して

『ゆうほう』と呼んでいます

 

 

何十ページにも及ぶ、

作るだけで大変な書類です

 

 

この有価証券報告書の

後半部分の決算書

 

 

投資家の方が意思決定情報として使えるために

正しいかどうかをチェックします

 

 

この有価証券報告書は

株主や債権者のために、

会社のホームページ上で

公開されています

 

 

グーグルで、

気になる会社の

 

会社名+IR

 

で検索すると

いろんな財務書類が公開されています

 

 

※IRとは、

インベスター・リレーションズの略で、

企業が投資家に向けて

経営状況や財務状況、

業績動向に関する情報を

発信する活動のことを言います

 

 

例えば、

最近上場した

弊社もお世話になっている

会計ソフト マネーフォワード 様

 

 

IR上でいろんな情報が公開されています

 

 

・株主が動いた

・借入をした

・子会社化

 

 

そういった情報も

プレスリリースされています

 

 

そういった情報も

重要な情報であれば

必要に応じて監査していきます

 

 

税理士の仕事だけじゃなくて

会計士の仕事もできていることは、

知的好奇心の刺激をうけます

 

 

特に、

決算業務への考え方

財務分析の手法

情報収集の仕方などは

とても勉強になりました

 

 

今までの会計士の仕事を通じて学んだことは

今の税務業務や財務コンサルティング業務に

役立っていること感じています

 

 

本日もお忙しい中お読みいただき、

どうもありがとうございました

 

公認会計士・税理士

畑中 外茂栄

戻る