2017年12月7日

カテゴリー:

気づき


自分の親と対話する時間

365日ブログ

129日目

 

公認会計士・税理士

畑中 外茂栄です

 

 

昨日は顧問先で知人の方と

サシ飲みで忘年会

 

 

仕事の話から

プライベートの話まで

幅広く話してきました

 

 

流れの中で、

自分達の親の話が出ました

 

 

僕は出身は石川県、

その方も県外の方なので

だいたい親や兄弟に会うのは

年に1~2回程度です

 

 

みなさんは年にどれくらい

会う機会がありますか?

 

 

そして、

その会った時に

対話する会話の時間

どれくらいありますか?

 

 

おそらく、

会っている間に

永遠と話続けている方は

少ないのではないでしょうか

 

 

1日家にいたとしても、

会話の時間を凝縮すると

1時間程度かなと

個人的に感じました

 

 

知人もそんなものかもしれない、

と言っていました

 

 

とすると

平均寿命まで

あと15年と仮定すると、

対話の時間量としては

 

15年×2回×1時間=30時間

 

今のペースでいけば

 

30時間しか話す時間が無い

 

ということです💦

 

 

この対話の時間ってめちゃ少ないよね、

という意見で一致しました

 

 

そして意識をしないと、

あっという間に過ぎてしまいます

 

 

忙しく過ごす中でも

家族との会う時間は

必ず確保する

 

 

時間は有限であることを

意識していかなければいけませんね

 

 

本日もお忙しい中お読みいただき、

どうもありがとうございました

 

公認会計士・税理士

畑中 外茂栄

 

戻る