2018年8月3日

カテゴリー:

資金繰り

経営判断の基準を作る


売上の1%を繰越金として確保するためには?

365日ブログ

 

368日目 

 

 

おはようございます!

 

 

畑中です

 

 

万が一のときのために貯める繰越金

 

 

お金のブロックパズルでいえば、

一番右下の部分です

 

 

引用:お金のブロックパズル

経営コンサルタント 和仁 達也 先生

 

 

お金のブロックパズルでは

会計的には2割の知識に絞り込み、

経営判断に必要な8割のことを

理解できるようになります

 

 

お金のブロックパズル上では、

売上100円に対して

繰越金が1円が残っています

 

 

繰越金としてお金を貯める意味は、

 

 

①万が一の時のため

②将来への設備投資のため

 

 

この2つです

 

 

ですが、

 

 

手元に残るお金ってまったく無いな~

 

 

このように感じてらっしゃる方って多いと思います

 

 

事細かく分けると

様々はパターンがありますが、

 

 

①そもそも赤字の会社で資金繰りがきつい

②黒字だけど銀行への返済が多くて資金繰りがきつい

 

 

この2つのパターンが

よく見かけるパターンです

 

 

支払先は、

 

 

取引先・・・

税務署・・・

銀行・・・

 

 

いろいろあると思います

 

 

いずれにしろ、

お金が入ってきては支払いに消える、

お金が入ってきては支払いに消える・・・

 

 

この状態です

 

 

どちらかというと、

貯めているという意識はあまり無く、

入ってきたお金から出てくお金を差し引いて

余ればいいかな

 

 

たった1%の繰越金ですら、

意外とけっこう難しいんです^^;

 

 

いくら繰越金の額から

逆残で事業計画を作っても、

現実はなかなかそう上手くは

いかないことのほうが多いです

 

 

ですが、

半強制的にこの繰越金を

貯めていく方法はあります

 

 

具体的にいうと、

 

 

①額

②率

 

 

です

 

 

例えば、

①は銀行の定期積立金を利用します

 

 

月末なら月末で必ず1万円が

引き落としされるように設定します

 

 

自動的に引き落としされて

貯まっていきます

 

 

意外とやっていない方も

まだまだいらっしゃいます

 

 

②はその月に回収した売上の金額を

一定割合他の通帳に資金移動していきます

 

 

1% なら1%、

10%なら10%

 

 

①の場合だと売上が閑散期や繁忙期など

季節変動がある業種だと

月によっては難しい時期があります

 

 

②の割合であれば、

実際回収した金額によって変動していきます

 

 

100万の売上のうち、

1%の繰越金は1万円です

 

 

1日あたりわずか300円

 

 

コーヒー1杯程度です

 

 

あるいは人によっては

飲み会1回分くらいかもしれませんね

 

 

もし前向きに繰越金を増やしていきたい方は

取っ掛かりやすい方法からトライしていきましょう

 

 

初級編と中級編のワークショップでは

このようなお金のブロックパズルを

学んで経営にご活用することができます

【ワークショップ&セミナー情報】

週に1~2回、ワークショップとセミナーを開催しています

詳細については下記をご参照ください

 

【2018年8月&9月】ワークショップ&セミナー

 

経営をより良くしていくために、

判断基準を一緒に学び、

経営をより良くしていきましょう

 

 

本日もお読みいただき、

どうもありがとうございました

 

 

畑中 外茂栄

  • 【無料診断】ドンブリ経営レベル5段階
  • 【無料メール講座】7日で学ぶ!ドンブリ経営から脱却するための最初の一手
  • 【1on1個別セッション】会社の経営数字について学ぶ!

月別記事

MONTH