2018年10月6日

カテゴリー:

税金

消費税

経営判断の基準を作る


全業種に関係ある消費税の増税と軽減税率の話②~資金繰りと納税預金~

365日ブログ

432日目 

 

3つの処方箋で

自転車操業の会社を安定操業へ導く!

 

財務の専門ドクター

畑中 外茂栄(はたなか ともえ)です

 

 

今日の目次は下記です

 

 

 

前回の記事の中から

資金繰り納税預金について

中心に書きます

 

 

1. 前回までの記事                      

 

全業種に関係ある消費税の増税と軽減税率の話①

 

2.消費税が8%の時のお金の動き    

 

 

※数字の正確さよりわかりやすさを重視しています

 

 

まずは現行制度です

 

 

数値をシンプルにし、

通帳に108円残っていると仮定しましょう

 

 

1個100円の商品に消費税8%をかければ108円です

 

 

1個税込みで108円の商品が売れ、

108円が通帳に入金されている状態ですね

 

 

通帳に残っている108円は

全部使えると錯覚しがちです

 

 

ところが、

忘れてはいけないのが納税です

 

 

108円のうちの8円

消費税として納めるし、

100円のうち30%の30円

法人税等として納めます

 

 

108円のうち38円は、

入金された瞬間に国のものなんです

 

 

自由に使えるお金は納税したあとに残る70円ですね

 

 

3.消費税が10%の時のお金の動き 

 

 

次に平成31年10月1日

消費税の増税が施行されたとしましょう

 

 

数値をシンプルにし、

通帳に110円残っていると仮定します

 

 

 1個100円の商品に消費税10%をかければ110円です

 

 

1個税込みで110円の商品が売れ

110円が通帳に入金されている状態ですね

 

 

上の状態と比較し、

通帳残高は2円増えている状態です

 

 

ところが、

 

 

110円のうちの10円

消費税として納めるし、

100円のうち30%の30円

法人税等として納めます

 

 

実は消費税が10%になっても、

自由に使えるお金は70円のままなんですね

 

 

4.消費税は大きな錯覚を生む 

 

 

上記の2と3で見たように、

実は消費税が10%でも8% でも

会社から見た場合に自由に使えるお金は変わりません

 

 

でも納税は前は通帳残高は増えている

 

 

ここがポイントです

 

 

上記のような数値をシンブルにした場合は

それほど変わらない気がしますが、

やはり取引金額が増えていけば

取引金額に応じて消費税も増えていきます

 

 

この消費税が通帳上のお金を

大きく錯覚させる可能性があります

 

 

運転資金等で使ってしまうと

納税するための資金が不足してしまう可能性があります

 

 

5.納税預金は必須!         

 

 

同じ通帳で管理してしまうと、

自由に使えるお金と思ってしまいます

 

 

そのため、

自由に使えないお金=納税預金として

管理していくことが望ましいやり方です

 

 

たかが2%、されど2%

 

 

もし現状で1つの口座で

入金、経費、借入の支払、納税の支払など

やっている場合にはこの準備期間の間に

納税預金を作って準備を進めていきましょう

 

 

次回へ続く

 

 

本日もお忙しい中お読みいただき、

どうもありがとうございました

 

 

3つの処方箋で

自転車操業の会社を安定操業へ導く!

 

財務の専門ドクター

畑中 外茂栄

 

【ワークショップ&セミナー情報】

週に1~2回、ワークショップとセミナーを開催しています

詳細については下記をご参照ください

【2018年10月】ワークショップ&セミナー

戻る