2018年8月4日

カテゴリー:

クラウド会計ソフト マネーフォワード

経営判断のための土台を作る


個人の家計の改善~1カ所に集約し、見える化する~

365日ブログ

 

370日目 

 

 

おはようございます!

 

 

畑中です

 

 

今日は個人の家計についてです

 

 

入ってきた手取りの収入で

個人の家計を回していく

 

 

これは経営者の方であれ会社員の方であれ、

共通していますよね

 

 

そしてこの個人の家計を

管理するのが家計簿です

 

 

僕の家は母親が銀行員だったので、

小さいころは家計簿をつけている姿が

印象に残っています

 

 

お金の流れが漠然としていたり、

減っていく理由がわからないから

不安が生まれます

 

 

会社も個人も

まずはお金の流れをつかむ

 

 

何使っているか見える化する

 

 

改善点を見つけ出す

 

 

というステップは共通しています

 

 

この個人の会計の改善に

役立つアプリがマネーフォワードです

 

 

業務用の確定申告などもありますが、

今回は個人版です

 

 

本当に最近はITの進化が素晴らしく、

もはや家計簿も最初の手続きさえすれば

後はほぼ自動的にできてしまいます

 

 

何にいくら使っているのか明確になります

 

 

本当にITの力ってすごいですよ^^

 

 

何がすごいかというと、

 

 

全ての情報を1カ所に集約できる

 

 

ここです

 

 

例えば、

 

 

銀行の取引は

ネットバンクでパソコンの画面を見る

 

 

クレジットカードは

クレジットカードのサイトで

利用状況を確認する

 

 

口座を複数使い分けていると、

手間がどんどん増えていきます

 

 

そうすると、

やる気がそがれて

結果やめてしまう

 

 

 

これが本当にもったいないです^^;

 

 

このめんどくささをITの力を借りて、

いかに自分が楽をするかを考えましょう

 

 

例えば、

銀行やクレジットカードだけでなく、

証券会社やマイレージなども一元管理できるんです

 

 

単純な収支だけでなく、

資産や負債の管理もできます

 

 

まずは3ヶ月続けてみるだけでも、

きっと効果がありますよ

 

 

人間って不思議なもので、

数値化できるものには

改善しようっていう

気持ちが生まれるんですよ

 

 

 

初期の設定さえしてしまえば、

休憩などのスキマ時間で

十分家計簿がサクサク作れますよ

 

 

さらにいえば。

個人の家計を考える上で

切り離せないのは

会社のキャッシュフローです

 

 

 

引用:お金のブロックパズル

経営コンサルタント 和仁 達也先生

 

 

会社が売上を生み出し、

粗利を生み出し、

給料の原資になります

 

 

つまり、

ご自身の給料を上げ、

手取りの収入を増やしていくためには

会社の粗利を増やしていかなければいけません

 

 

会社の粗利を上げる視点と

家計の支出をコントロールする視点、

ぜひ両輪で回していっていただければと思います

 

 

本日もお読みいただき、

どうもありがとうございました

 

 

畑中 外茂栄

 

【ワークショップ&セミナー情報】

週に1~2回、ワークショップとセミナーを開催しています

詳細については下記をご参照ください

 

【2018年8月&9月】ワークショップ&セミナー

 

戻る