2018年9月23日

カテゴリー:

気づき


どうやって存在に気づいてもらえるか?

365日ブログ

 

419日目 

 

 

おはようございます!

 

 

畑中です

 

 

少し目に違和感があったので眼科に行きました

 

 

今まではコンタクトレンズの店に

併設されていた眼科に行っていたのですが、

閉院されたので別の病院に行きました

 

 

今回は行った眼科は事前に

ちゃんと調べてはいなかったんですが、

想像を超えていて驚きました

 

 

ドクターの数

スタッフの数

院の面積

設備環境

 

 

すべてが充実していて

予想をはるかに超えて

しっかりした眼科でした

 

 

患者さんの数もかなり多かったです

 

 

ホームページを見ると

年間の手術症例数などの実績も書かれていて

かなり技術力が高そうな眼科でした

 

 

診察を受けると、

若干神経が気になると言われ、

生まれて初めて目のCTのような写真を撮りました

 

 

ドクターに聞いてみると、

コンタクトレンズに併設されている眼科だと

あまり詳細に検査をしないことがあるとのことでした

(全てがそうとは限らないそうですけど)

 

 

初めて見る機械で、

検査の内容が出るまでがドキドキでした

 

 

結果は若干数値が気になるけど、

許容範囲ということでなんとかセーフでした

 

 

この眼科一番驚いたのはこの設備環境でした

 

 

きっと高額な設備投資だと思いますが、

顧客にとってとにかく安心感が素晴らしい

 

 

よっぽどのことがない限り、

この病院に通うことになるでしょう

 

 

あと最近、

うちの二匹目のミトンが少し体調が悪くて

動物病院に通っているのですが

 

 

やはり徒歩圏内の動物病院ではなく、

設備環境が充実している

車で片道30分くらいの遠くの動物病院に通っています

 

 

この動物病院は他の病院にできないような

検査器具が充実しているんですね

 

 

やはり設備環境の充実は

顧客から選ばれる判断基準になりますね

 

 

そういえば顧問先の会社の方からも

こんな話を聞きました

 

 

求人を出していたところ、

応募をしてくれた方がいました

 

 

近隣の会社で類似業種の会社10社回って

最終的にその顧問先の会社を選んでくれたそうなんです

 

 

その理由が設備環境の充実があったそうです

 

 

その会社はある特殊な機械を保有していたのですが、

他の会社は保有はしていなかった

 

 

この特殊な機械を使いこなせるようになれば、

自分のスキルアップにつながる

 

 

そう思って入社を決めてくれたそうです

 

 

つまり顧客だけじゃなく、

スタッフも惹きつけることができるんです

 

 

やっぱりこういった会社は、

情報発信もすごい上手いなと思います

 

 

こういった特殊な機械は持っているだけでは

周囲の人に気づかれにくいと思います

 

 

どうやってその仕組みに気づいてもらえるか?

 

 

例えばこの会社はホームページに

しっかりそのことが記載されているし、

実際にそこからの問い合わせも多くあります

 

 

メルマガ

ブログ

ホームページ

小冊子

ニュースレター等

発信する手段はたくさんあります

 

 

一昔前であれば発信すら難しかった時代です

 

 

今の時代、自分のメディアを持つことは可能です

 

 

どんな優れたスキルを持っていようが、

どんな素晴らしい設備環境を持っていようが、

お困りごとを抱えている方に

気づいてもらえなければ意味がありません

 

 

日頃の取り組みを少しずつ発信していきましょう

 

 

必要とされている方にきっと届くはずです

 

 

本日もお忙しい中お読みいただき、

どうもありがとうございました

 

 

畑中 外茂栄

 

【ワークショップ&セミナー情報】

週に1~2回、ワークショップとセミナーを開催しています

詳細については下記をご参照ください

 

【2018年10月】ワークショップ&セミナー

 

 

戻る