2018年8月29日

カテゴリー:

気づき


事実は1つ、与える意味づけは自由

365日ブログ

 

394日目 

 

 

おはようございます!

 

 

畑中です

 

 

昨日長野から名古屋に戻ってきました

 

 

昨日戻ってきている途中で、

お客様から連絡が入りました

 

 

至急相談したいことがある、

今日か明日か会えないか?

 

 

と言った内容でした

 

 

ただごとじゃないなと思ったので、

そのままコメダに集合をして話を聞いてきました

 

 

おそらく良からぬことだろうなと察してはいたんですが、

話を聞くと業務にトラブルが発生

 

 

一次的に多額の支払

今後の売上が大幅に下がりそうといった内容でした

 

 

 

つまり入りと出のお金に影響を与えてしまうな状況で、

今後どうしたら良いかわからず

ご不安を抱えてご連絡をいただいたようです

 

 

僕の役割は一緒にあわてふためくことではありません

 

 

今回の件の対策の方向性を見出すこと

 

 

そのためにはまずは、

漠然とした不安の輪郭を出してあげることです

 

 

今回発生してしまった原因は何か?

 

 

今後想定されるリスクは何か?

 

 

今後取るべき行動は何か?

 

 

時間軸でいえば優先順位をどこに置くか?

 

 

1つ1つを整理していきます

 

 

僕たちも普段から生きていれば

決して楽しいことばかりではありません

 

 

二度と思い出したく無いような失敗

 

 

歯を食いしばるほどの悔しいこと

 

 

涙が出るほどのつらいこともたくさんあります

 

 

このような場面に遭遇したときに

どう向き合うかでガラッと変わるなと思うのです

 

 

例えば、

今回のトラブル

 

 

トラブルが起こったという事実は

何をどうしようが変わりません

 

 

常に1つです

 

 

ですが、

意味づけは自由です

 

 

人生で起こった死にたくなるような

史上最悪の出来事と捉えて

そのまま生きていくのか

 

 

あるいは、

 

 

自分のネタの引き出しが増えた

今後のさらなる飛躍のための狼煙が上がった

 

 

と考えるのかは別物です

 

 

今回の件でいえば

どうやら最悪なケースは免れた、

対策もまだまだできることがある!

 

 

と前向きに締めることができました

 

 

 

 

事実は1つ、

与える意味づけは自分次第です

 

 

どんな意味を与えますか?

 

 

どうせなら、

無理矢理にでもプラスな意味づけを見出したいですね^^

(自戒を込めて)

 

 

本日もお忙しい中お読みいただき、

どうもありがとうございました

 

 

畑中 外茂栄

【ワークショップ&セミナー情報】

週に1~2回、ワークショップとセミナーを開催しています

詳細については下記をご参照ください

 

【2018年9月】ワークショップ&セミナー

 

戻る