2018年8月20日

カテゴリー:

気づき


10年後の自分にインタビューしよう

365日ブログ

 

385日目 

 

 

おはようございます!

 

 

畑中です

 

 

先日、顧問先の方と一緒に

経営数字の勉強会をしました

 

 

会社全体のお金の流れ、

人を何人採用するか

設備投資をするべきかしないべきか

借入はいくらまで借りてよいか

 

 

等々、

経営の意思決定の必要な判断基準について

1対1で勉強をしました

 

 

人件費を下げずに

利益を2倍にする方法なども

ワークもやりました

 

 

知恵を絞りだせば、

必ずアイディアは出せます

 

 

広告代理店業 20代 Y.I 様

どんなお金の使い方をするかを

逆残して計画できるところが勉強になりました

ビジョンを持てば逆残できることも改めて感じたので

毎日のゴール設定が基盤作りに

欠かせないと思いました

 

 

お金の話が中心になりますが、

それだけじゃなくてゴール設定の話や

ビジョンの話もお伝えしています

 

 

なぜならお金は稼ぐこと自体が目的ではありません

 

 

あくまでビジョンを達成するためのツールがお金です

 

 

このビジョンの話は

会社の数字(売上や利益)の話もあれば、

会社の拠点、ビジネスパートナー、スタッフ、

プライベートの話など多岐に渡ります

 

 

時間軸でいえば、

1 年後、3年後、10年後など幅広いですよね

 

 

今から10年前って何をしていましたか?

 

 

僕はちょうど10年前の

2008年の夏

 

 

大学を卒業した年、8月の3日間に

2度目の会計士試験を受験していました

 

 

ちょうど北京オリンピックがやっていましたね

 

 

その2008年から10年後の今、

はっきり言って別世界です^^;

 

 

今から10年後のビジョンを描こうといっても、

なかなか難しいかもしれません

 

 

書いたところで夢のまた夢のような

状況になるかもしれません

 

 

ですが、そんな夢のような話でもいいのです

 

 

夢のような話でもいいので、

とにかく書く

 

 

思考をし言葉にして

吐き出したものしか実現しません

 

 

当時読んだ勉強本の中に、

やればできると100万回唱えろ、

将来合格したときを想像して合格体験記を書け

と書いてありました

 

 

10年前の受験するときは、

やればできる、やればできると

念仏のようにずっとブツブツ唱えていました

 

 

見切り発車で書いた合格体験記を

机の前に貼ってイメージを膨らませていました

 

 

人間不思議なもので、

ずっとやればできると唱えていれば

それが自然とインプットされて

やればできるんだと勘違いしてきます

 

 

10年後の自分にインタビューをして夢を描きましょう

 

 

10年後の自分は、

どうなっていますか?

 

 

本日もお忙しい中お読みいただき、

どうもありがとうございました

 

 

畑中 外茂栄

【ワークショップ&セミナー情報】

週に1~2回、ワークショップとセミナーを開催しています

詳細については下記をご参照ください

 

【2018年8月&9月】ワークショップ&セミナー

 

  • 【無料診断】ドンブリ経営レベル5段階
  • 【無料メール講座】7日で学ぶ!ドンブリ経営から脱却するための最初の一手
  • 【1on1個別セッション】会社の経営数字について学ぶ!

月別記事

MONTH