2018年8月19日

カテゴリー:

気づき


事業”承継”は引継と継続の両輪

365日ブログ

 

384日目 

 

 

おはようございます!

 

 

畑中です

 

 

昨日は税理士会の連続ゼミ、

取引相場のない株式の評価を受けてきました

 

 

いわゆる非上場株式の評価です

 

 

講師は業界で超有名人の

笹岡 宏保先生です

 

書籍も買って勉強させてもらっています

 

 

相続税の分野だけかと思ったら

他の税法(法人税や所得税)の話にも渡って

かなり横断的な話も聞けました

 

 

時間は10時から17時まで、

内容が内容だけに

終わる頃にはグッタリでした^^;

 

 

9月に後半パートがあるので、

しっかり受けてきます( `ー´)ノ

 

 

 

ポイントや間違って解釈されやすい教箇所を

じっくり教えてくれたので

マーカーだらけになりました

 

 

実際に講師の方が直面した複雑な事例や

クイズは唸るような話ばかりで

非常に勉強になりますね

 

 

講義中考えていたのは、

事業承継のことでした

 

 

今回の非上場株の評価がよく話に出る場面は、

同族会社の事業承継の場面です

 

 

相続や贈与で保有している株式を

引き継ぐ際に株価評価が必要になります

 

 

事業承継は今日本でも問題視されており、

日本の経営者の4割が65歳以上、

後継者不足が深刻になっています

 

 

税制や補助金でも国が後押ししています

 

 

事業承継は大きくわけると3パターンです

 

 

①親族内の承継

②親族外の承継

③外部への売却

 

 

この3パターン

 

 

もしくは承継せず、

廃業という選択肢もありますね

 

 

最近はこの事業”承継”って

やっぱり難しいなと感じました

 

 

引き継いで

継続していく

 

 

うちの家業は大工で

①の親族内の承継でした

 

 

兄が父親の技術を引き継ぎ、

自分でもしっかり勉強して

逆に父親を超える技術を持っていました

 

 

父親がそう言っているのだから

間違いないと思います

 

 

ですが、

先月亡くなってしまい

継続ができませんでした

 

 

後継者はいたのに、

継続ができなかったんですよね

 

 

ただ短い間でしたが、

親父は兄と一緒に仕事ができて、

楽しかったと言っていました

 

 

50年も100年も継続している企業って、

本当にすごいんだなと実感します

 

 

後継者がいなくては引継げないし、

後継者がいても継続できない場合もある

 

 

日本の中小企業の会社が1社で多く

継続していってほしいな~なんてことは

漠然としすぎてて正直よくわかりません

 

 

ただ目の前の顧問先の方が

事業承継の場面に遭遇するときは必ずあります

 

 

株価評価は事業承継の際の

ほんの1部分でしかありませんが、

少しでも円滑に進めるように

支援しないといけませんね

 

 

今日はなんだか着地点を見失っています^^;

 

 

本日もお忙しい中お読みいただき、

どうもありがとうございました

 

 

畑中 外茂栄

【ワークショップ&セミナー情報】

週に1~2回、ワークショップとセミナーを開催しています

詳細については下記をご参照ください

 

【2018年8月&9月】ワークショップ&セミナー

 

  • 【無料診断】ドンブリ経営レベル5段階
  • 【無料メール講座】7日で学ぶ!ドンブリ経営から脱却するための最初の一手
  • 【1on1個別セッション】会社の経営数字について学ぶ!

月別記事

MONTH