2018年8月1日

カテゴリー:

気づき


ヌルヌルの関係・・・からの再構築

365日ブログ

 

366日目 

 

 

おはようございます!

 

 

畑中です

 

 

今日から8月ですね!

 

 

今年も残り5ヶ月、

引き続きがんばっていきましょう(^^)/

 

 

今日は最近少し感じた点です

 

 

僕から税務顧問の辞退について

ご連絡させていただいたお客様がいました

 

元々知人関係から入り、

一緒に仕事をやっていた仲です

 

 

理由としては、

イメージの不一致です

 

 

経営数字をよりタイムリーに把握できる体制を作る

 

 

経営判断を適切に行うためには

自計化(自社で会計ソフトを導入するやり方)は必須です

 

 

自計化をするために話を進め、

会計ソフトの操作方法などをサポートしてきました

 

 

ですが、

業務の忙しさから断念

 

 

記帳代行(会計事務所側が入力作業を行う)を

弊社で引き受ける方法に戻ってしまいました

 

 

あとはレスポンスまでの時間です

 

 

4月にお願いした資料が

いまだに揃いません

 

 

5月も6月も依頼はし続けますが、

やはり揃うことはありませんでした

 

 

記帳代行を担う以上は、

資料が溜まれば溜まるほど

しわ寄せがどんどん来てしまいます

 

 

帳簿関係がずさんであれば

追徴課税のリスクは高まりますし、

タイムリーに処理できなければ、

経営判断について誤ってしまう可能性があります

 

 

ご紹介や知人関係から

業務に入る上であまり良くない部分が

色濃く出てしまったような気がします

 

 

ヌルッと始まり、

ヌルッと惰性で続けてしまう・・・

 

 

何でも言い合えるから、

暗黙の了解のように

はいはいと進んでいってしまう

 

 

まさにヌルヌルの関係になってしまいました

 

 

逆にもっとビジネスライクで

たんたんと進んでいく税理士の方であれば、

もっとより良い形になるかもしれない

 

 

もちろん僕の説明の下手さも

関係している可能性はあります

 

 

そうすると逆に僕はこのお客様の

足を引っ張っている可能性があります

 

 

いくら知人関係とはいえ、

この状態はお互い良くないなと判断し、

税務顧問について他の税理士にチェンジを

含めてご検討していただくことをお伝えしました

 

 

ですが、

 

 

その後再度話し合い、

もう一度コミュニケーションを

密に取っていくことを前提に、

顧問契約を続行することにしました

 

 

そういってもらえたことは

やっぱり僕としてもうれしいですし、

引き続きサポートしていきたいなと思います

 

 

経営者として最前線でリスクを背負い、

全責任を負って目の前の給料から退職金まで

自力で作っていかなければいけません

 

 

やっぱり僕たち若い世代は

まだまだ経験も知識も不足しがちですし、

常に流動的で型が出来上がっていない

場合も多いと思います

 

 

外部環境もどんどん変化をしていきます

 

 

足りない部分をお互い補って

知恵を集結させて乗り切って

いかなければいけません

 

 

ヌルヌルの慣れ合いの関係は、

お互いの足を引っ張ってしまいます

 

 

関係性を再構築するためには、

お互いのビジョンを含めて話し合うことです

 

 

どんな会社を目指して作っていきたいのか?

 

 

どんな経営のかじ取りをしていきたいのか?

 

 

そのために何が必要なのか?

 

 

関係性を再構築し、

お互い前進していきたいなと思います

 

 

本日もお読みいただき、

どうもありがとうございました

 

 

畑中 外茂栄

【ワークショップ&セミナー情報】

週に1~2回、ワークショップとセミナーを開催しています

詳細については下記をご参照ください

 

【2018年8月&9月】ワークショップ&セミナー

 

  • 【無料診断】ドンブリ経営レベル5段階
  • 【無料メール講座】7日で学ぶ!ドンブリ経営から脱却するための最初の一手
  • 【1on1個別セッション】会社の経営数字について学ぶ!

月別記事

MONTH