2018年6月20日

カテゴリー:

気づき


量をこなすことで質の違いが明確になる

365日ブログ

 

324日目 

 

 

おはようございます!

 

 

畑中です

 

 

知人の弁理士

富澤 正 先生のご紹介により、

中部経済新聞のコラムに

寄稿させていただきました

 

 

富澤先生の会社が運営するホームページ、

発明plusは下記より↓

 

 

リンクはこちら

 

 

寄稿したコラムは、

 

 

『中小企業のための発明PLUS』

 

 

というコラムです

 

 

 

 

 

企業様の新製品や新サービスを取材し、

ご紹介するコラムです

 

今までで自分の名前が

新聞に掲載されたことはありませんでしたし、
考えたこともありませんでした

 

 

この経験から多くの気づきをいただきました

 

 

ブログも300回超書き続けているので、

文字を書くという点では

1年前と比べると習慣化されてきていると感じます

 

 

1回のブログでの文字量は

800文字前後を目標に書いています

 

 

もちろん

日によってそれを超える日もあれば、

下回る日もあります

 

 

今回寄稿した文字量は約1200文字

 

 

普段のブログの1.5回分の分量

 

 

ワードでいえば、

A4サイズでちょうど2枚分程度です

 

 

文字量だけでいえば

ブログの延長のようなイメージです

 

 

ですが、

1つだけ明確に違う点があります

 

 

それは、

 

 

 

 

です

 

 

普段のブログでいえば

1回あたり書く時間としては

1時間前後です

 

 

紙媒体である新聞に寄稿する、

そして企業様の名前や製品を出す以上は

傷をつけないように何度も校正を行いますし、

校正のチェックは複数人で行います

 

 

文字が洗練されていく過程は

自分にとっても大きな経験になりました

 

 

そもそもブログすら

やっていなかったときは、

この質の違いにすら

気づかなかったと思います

 

 

まず量をこなす

 

 

量をこなす中で

質の重要性に気づく

 

 

改めてそんなことを思いました

 

 

1年前には考えもしなかった変化です

 

 

取材に協力していただいた企業様、

そして今回お声がけしていただいた富澤先生に

心より感謝申し上げます

 

 

本日もお読みいただき、

ありがとうございました

【ワークショップ&セミナー情報】

週に1~2回、ワークショップとセミナーを開催しています

詳細については下記をご参照ください

 

【2018年6月ワークショップ&セミナー情報】

 

戻る