2018年6月2日

カテゴリー:

気づき


TTPと知の系譜

”量稽古、やっていますか”

 

365日ブログ

 

306日目 

 

 

おはようございます!

 

 

畑中です

 

 

TTPって聞いたことありますか?

 

 

そうです、

 

 

環太平洋パートナーシップ

 

 

です

 

 

 

失礼、

これはTPPです・・・

 

 

話を戻すと

TPPとは、

Tettei Tekini Pakuru

 

徹底的にパクる

 

の略称です

 

 

パクるとは、

真似をすること、

とも言います

 

 

また、

 

学ぶは真似ぶ

 

ともいったりします

 

 

学生の時代は

カンニングはNGでした

 

 

ですが、

ビジネスの世界は真似をしても

オッケーなんです

 

 

かの有名な堀江さんも

著書の中でパクることを推奨しています

 

 

というか、

師匠であれ、

上司の方であれ、

教わったことは誰でも一度は

そのまま実践しますよね

 

 

もちろん他社製品の特許とか商標権とか、

知的財産権を侵害するのはNGです

 

 

あくまで、

教わったことの型を、

我流を挟まずに実践するという意味です

 

 

ビジネススキルを教わった師匠達も

すべからくTTPを推奨しています

 

 

むしろ、

TTPすらできないのに

我流で成功するわけがないとすら

思ってしまいます

 

 

多くの人はTTPを推奨されても

実践できずにすら

終わってしまいます

 

 

少し抽象的な表現になってしまいますが、

 

もはや追いつけないくらいのTTPの量

 

を実践されている方々はたくさんいます

 

 

常に走り続けているイメージですね

 

 

それくらいの量を重ねれば、

立派なオリジナルになる

 

 

上のホリエモンこと堀江さんも、

著書の中で起業当初のことを

堂々とパクったと宣言しています

 

 

ですが、

堀江さんのような実績は、

真似をしたくてもできないですよね

 

 

他社も追随できないくらいのTTPは、

立派な実績になります

 

 

ただし、

同じTTPをやっている人でも

一つだけ違いがあります

 

 

それは、

教わった方々への敬意です

 

 

これは、

 

 

知の系譜

 

 

とコンサルの師匠、

遠藤 晃先生に教わりました

 

 

教わったことの引用元を示す

 

 

我流ではなく、

脈々と受け継がれていることを

引用元として示す

 

 

いろんな考え方や

概念を学ぶ機会はたくさんあります

 

 

ですが、

教わったことの敬意は

忘れずに脈々と受け継いでいく

 

 

忘れずにいたいと思いました

 

 

本日もお読みいただき、

ありがとうございました

 

【ワークショップ&セミナー情報】

週に1~2回、ワークショップとセミナーを開催しています。

詳細については下記をご参照ください

 

【6月ワークショップ&セミナー情報】

 

戻る