2018年5月1日

カテゴリー:

気づき


自社の収支構造、把握できていますか?

”数字が理解できれば、経営が楽しくなりますよ”

 

365日ブログ

 

274日目 

 

 

おはようございます!

 

 

畑中です

 

 

ゴールデンウイークで

今日・明日とお休みの方も

多いかもしれませんね🙂

 

 

今日は自社の収支構造について

少し書こうと思います

 

業績を向上させたい

 

 

経営者の方であれば、

誰でもそう思いますよね

 

 

 

社長
よし、ガンガン売上を上げるぞ!

 

 

社長
昨年対比1.5倍の売上を目指すぞ!

 

 

社長
売上を伸ばせば、手元に残るお金も残る!

 

 

 

特に成長意欲が高く

熱心な方ほどその傾向が顕著です

 

 

一方で・・・

 

 

社長
あれ、売上は上がってるけど全然残ってないな・・・

 

 

 

確かに売上が上がってはいるものの、

手元に残るお金がほとんど残らない

 

 

こういった場合も非常に多いんですね

 

 

逆に売上が上がっても

利益ベースで見ると

減少している

 

 

これは増収減益という状態ですね

 

 

売上を上げれば、

材料の仕入や

商品の仕入が発生します

 

 

業種によっては

外注費も発生するかもしれませんね

 

 

人材を雇用すれば、

給料も発生しますし

社会保険料の支払も

発生します

 

 

そのほか、

商品をPRする広告宣伝費、

備品の購入、リース料や保険料・・・

 

 

等々、

 

 

いろんな経費も付随して

発生してしまいます

 

 

そして借入などを行い、

設備投資も積極的に

している場合にはより一層

資金管理が重要になります

 

 

使ってはいけないお金にまで

手を出してしまうと、

税金の支払いや借入の返済まで

できなくなってしまいますからね

 

 

 

つまり、

根拠ある意思決定をしていくためには

 

 

経営全体を俯瞰してみる能力

 

 

が必要です

 

 

俯瞰とは、

高いところから見下ろし眺めることです

 

 

まずは細部を置いて

全体を見ましょう

 

 

また業績を向上させることは、

売上アップだけではありませんよ

 

 

粗利率(利益率)を改善する

 

 

労働分配率を改善する

 

 

経費を削減する

 

 

それらを同時に行えば

利益に与える影響も大きいのです

 

 

 

(株) プラネット様 デンタルCFアプリより

 

上の図は左のブロックパズルを起点に、

売上アップ、

粗利率、

労働分配率の改善を

シミュレーションした結果です

 

 

一番右側のブロックパズルの

利益を見てください

 

 

左側は利益10ですが、

右側は利益20になっています

 

 

売上アップも大切ですが、

利益に与える影響や

手元に残る資金まで考えられると

もっと楽しくなりませんか?

 

 

毎週開催しているワークショップでは

お金のブロックパズルのワークを

中心に行い、習得していただく時間を十分に取ります

 

 

経営全体を俯瞰する能力、

一緒に身につけませんか?

 

 

本日もお読みいただき、

ありがとうございました

【ワークショップ&セミナー情報】

週に1~2回、ワークショップとセミナーを開催しています。

詳細については下記をご参照ください

 

【2018年10月】ワークショップ&セミナー

 

戻る