2018年4月22日

カテゴリー:

気づき


IT導入補助金の交付申請始まりました

”ITを使って生産性を向上させたい方へ”

 

365日ブログ

 

265日目 

 

 

おはようございます!

 

 

畑中です

 

 

平成29年度補正予算

 

 

IT導入補助金の交付申請が

始まりました

 

”IT導入補助金について”  

IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等のみなさまが

自社の課題やニーズに合ったITツール(ソフトウエア、サービス等)を

導入する経費の一部を補助することで、

みなさまの業務効率化・売上アップをサポートするものです。

自社の置かれた環境から強み・弱みを認識、分析し、

把握した経営課題や需要に合ったITツールを導入することで、

業務効率化・売上アップといった経営力の向上・強化を

図っていただくことを目的としています。

 

 

 

一公募は

平成30年6月4日まで

申請を募集しています

 

 

URLはこちらです

 

 

去年は補助率が2/3まで対象、

上限額は100万円でしたが、

今年は補助率が1/2まで対象、

上限額が50万に下方されました

 

 

 

税制・補助金・助成金は

国の予算の中で動いているので、

国が進めたい政策が表れていますね

 

 

2017年では予算額は100億円でしたが、

2018年は予算額が500億円になりました

 

 

採択件数は増える可能性があるためチャンスです

 

 

このIT導入補助金も

ITツールの活用で生産性の向上

目的として進められています。

 

 

 

生産性の定義は

本や学者の方によって

バラバラですが、

『時間単価を上げる』

イメージです

 

➀業務にかかる時間は

同じで売上を増やす(単価を上げる)

 

②売上は同じで

業務にかかる時間を

少なくする(業務効率を上げる)

 –

このIT導入補助金も➀と②を達成するためのツールの導入と、

申請書で上記を達成するための数値での

根拠作り(事業計画)が重要になってきます

 

 

また、その他の補助金と違い、

 

 

ベンダーとの連携

 

 

が重要になってきます

 

 

 

 

このIT導入補助金は、

ベンダーのIT導入支援事業者の登録してある

ITツールでしか補助対象になりません。

(ここがイメージしづらいかもしれません)

 

 

ITツールの選定と、

申請や受給後の実績報告は

ベンダーのIT導入支援事業者を通じて行うため、

ベンダーとの連携が超重要になってきます

 

 

 

 

特に最初の段階で

お客様に合ったITツールをご提案できないと、

ブレブレになってしまいます

 

 

例えば、

バックオフィス業務を効率化する

クラウド会計も上記ITツールに多く登録されていますが、

現金商売や手形取引が多いビジネスでは

不向きですし、機能が過剰気味の場合もあります

 

 

クラウドは使い方次第で薬にも毒にもなる

 

 

補助金のため採択されるかどうかは

結果が出るまでわかりませんが、

もしITツールの導入を検討されている方は

トライしてみる価値はあると思います✍

 

 

弊社は提携しているベンダーと

事前のヒアリングと入念に行って

ご提案をしているので、

ご不明な点があればご相談くださいね

 

 

本日もお読みいただき、

ありがとうございました

【ワークショップ&セミナー情報】

週に1~2回、ワークショップとセミナーを開催しています。

詳細については下記をご参照ください

 

【6月ワークショップ&セミナー情報】

 

戻る