2018年1月22日

カテゴリー:

気づき


最年少Vを生んだバックハンド

”2つの秘訣

 

365日ブログ

 

175日目 

 

おはようございます!

 

畑中です

 

週末はスポーツの話題が多くなりますね💪

 

昨日は

 

 

全日本卓球

 

 

でした

 

ここだけの話ですが、

畑中も中学までは卓球部でして、

卓球の話題が今でも好きなのです🙂

 

昨日は男子シングルスと

女子シングルスが行われました

 

男子シングルスは

 

14歳の張本 智和 選手

 

女子シングルは

 

17歳の伊藤  美誠 選手

 

がそれぞれ優勝しました

 

 

すごいですね、

どちらも10代です

 

10代で

一つのことを続けられるだけでもすごいのですが、

素晴らしい成果もついてきています

 

すさまじい努力をされているんでしょう

 

特に張本選手は

今回の優勝で

 

 

最年少Vの記録を樹立

 

 

 

決勝の相手は同じく

過去の最年少Vを達成し、

オリンピックの銅メダリストでもある

 

水谷 隼 選手

 

 

卓球界を引っ張ってきた

絶対的なエースです

 

 

水谷選手は17才7ヶ月での最年少Vでしたが、

張本選手は大きく記録を更新しました

 

 

全力で喜びを表現する張本選手のポーズは

 

ハリバウアーと呼ばれています

 

 

スケートの荒川 静香選手の

イナバウアーからきています

 

 

相撲界では琴奨菊の

コトバウアー

 

 

ところで、

試合後の水谷選手が

とても興味深いことを言っていました

 

 

「世界選手権とは比べものに

 

ならないくらい成長している。

 

中国の選手と同じくらいのレベル。

 

彼が100%の力だったら

 

何回やっても勝てない」

 

 

と張本選手の強さを

振り返っていました

 

 

負けた直後に

冷静に相手の実力を

分析する

 

なかなかできないと思います

 

 

どうしても感情が優先し、

思考が止まってしまいそうな気がします💦

 

 

水谷選手も素晴らしいですね👏🏻

 

 

ところでこの水谷選手が、

張本選手のバックハンドが脅威だと

言っていました

 

 

夜にNHKのニュース番組に

張本選手が出演し、

どうやってバックハンドを鍛えたか

秘訣を語っていました

 

 

 

『バックハンドのフォーム

徹底的に固める。

あとはひたすら、

 

 

フォームと

 

 

この2点でした

 

 

量は量稽古ですよね

 

 

フォームはだと解釈しました

 

 

畑中も卓球をやっていたときは、

最初は意識的にフォームを

固める練習をしていました

 

 

意識的にやっていたものが、

いずれ無意識でもできるようになります

 

逆に型が無いとどうでしょうか?

 

 

型がないと、バラツキます

 

 

バラツキが出た状態で

いくら量を重ねても成果は出せません

 

 

スポーツも仕事もまずは型

 

 

そんなことを感じた日でした

 

本日もお読みいただき、
ありがとうございました

【ワークショップ&セミナー情報】

週に1~2回、ワークショップとセミナーを開催しています

詳細については下記をご参照ください

 

【ワークショップ&セミナー情報】

 

戻る