2017年12月15日

カテゴリー:

気づき


銀行の本音

”事業性理解は対話にある

 

365日ブログ

 

137日目

 

おはようございます!

畑中です!

 

昨日は、

顧問先の方と同席をして

銀行に事業計画の提出

行ってきました!

 

ビジネスパートナーである銀行とは、

自主的に関係性を作るのが大切です

 

その際に支店長と

やりとりをさせていただいた

内容が秀逸でした

 

今日はそこからの気づきです✍

 

何度かブログで書いていますが、

今銀行は貸出方針を見直しています

 

従来は過去の

決算書の数字だけで

評価する体制でした

 

今後は、

数字だけでなく将来の事業性も

含めて評価するという方針に向かっていきます

 

銀行の貸出方針の変化

 

これを事業性評価というんですが、

この事業性評価について少しお尋ねしてみました

 

 

『事業性”評価”については、

経営のプロである

経営者以上に

評価するのは難しいと思っている。

 

我々はあくまで

今まで以上に理解に徹する

事業性”理解”だと思っている』

 

なかなか

素晴らしい見解だなと思いました👏🏻

 

経営者はその道の経営のプロ

 

最前線でリスクを全面に背負って戦っています

 

僕たちは、

経営のプロである経営者の方以上に、

その分野に踏み込んだ評価やアドバイス

難しいと思われます

 

そして、

その事業性”理解’

どうやって深めるのか?

 

普段のお付き合いの中での

 

対話を通じて

情報量を蓄積していく

 

とのことでした

 

これは家庭でも一緒ですね

 

お小遣いを増やしてほしいなら、

増やす理由が必要です

 

 

 

銀行も貸したお金と利息を受け取るために、

貸し出す理由が必要です

 

良い関係を作りたいなら、

一長一短ですぐにはできません

 

 

事業計画や定期的な訪問は大切です

 

その位置づけは、

 

 

対話の質を高めたり、

 

より深みを増すための

 

コミュニケーションツール

 

 

 

そういった位置づけで

良好な関係作りをしていきましょう!

 

本日もお読みいただき、

ありがとうございました

【ワークショップ&セミナー情報】

週に1~2回、ワークショップとセミナーを開催しています

詳細については下記をご参照ください

 

【ワークショップ&セミナー情報】

 

戻る