2017年12月11日

カテゴリー:

気づき


頭の中の上にあるモヤモヤにアプローチする

”お困りごとトップ3目線 ”

 

365日ブログ

 

133日目

 

おはようございます!

畑中です!

 

昨日久しぶりに

筋トレをして

全身筋肉痛です。。。

定期的に体動かさないと

あっという間になまりますね^^;

 

本題ですが、

先日こういう質問を受けました

 

『得意業務ってあるんですか?』

 

 

という質問です

 

この質問を受けて

少し考え込んでしまいました

 

 

 

話の流れをもう少し説明します

 

この方は

相続税に特化したり、

医療法人に特化したり、

そういう税理士の方と

名刺交換する機会が多いみたいで、

興味本位で聞かれたようです

 

たしかにこういった

何か特定のものに

特化しているものはありません

 

たぶん、

2年~3年前の僕なら

ズバッと

ドヤ顏で答えたと思うんです

 

『税理士だけじゃなくて

会計士も持っています

 

『事業計画を作るのが得意です』

 

 

 

月曜から失礼しました・・・

 

というのも、

決まった商品を仕入れて

売っているわけではありません

 

 

例えば

融資獲得も

手段ではありますが、

融資を獲得した後のほうが重要です

 

融資を獲得したあと、

社長の理想に近づけていけるか?

 

融資を獲得したあとに

資金繰りが困窮して

倒産してしまっては

身も蓋もありません

 

得意業務って

あってないようなもの

なのかな、

と思いました

(畑中の個人的な見解です)

 

師事している

㈳日本キャッシュフローコーチ協会

代表理事 和仁 達也先生からも

教わりました

 

 

『相手の頭の下のほうにある

お困りごとではなく、

上位のお困りごとトップ3に

アプローチしましょう』

 

と。

 

 

100人の人がいたら

100人通りのお困りごとがある

 

 

100通りのお困りごとがあれば、

100通りの業務を設計できる

 

 

と思うのですがいかがでしょうか?

 

本日もお読みいただき、

ありがとうございました

【ワークショップ&セミナー情報】

週に1~2回、ワークショップとセミナーを開催しています

詳細については下記をご参照ください

 

【ワークショップ&セミナー情報】

 

戻る