2018年6月6日

カテゴリー:

事業計画作成&運用

経営判断のための土台を作る

経営判断の基準を作る

キャッシュフロー経営


経営者が学ぶべきお金の話はまさにこれ

365日ブログ

 

310日目 

 

 

おはようございます!

 

 

畑中です

 

 

スルガ銀行の不正融資問題

大きく取りざたされています

 

 

上場企業は

金融商品取引法と

会社法の規制により、

公認会計士の法定監査が

義務付けられています

 

 

3月決算の会社であれば、

一般的なスケジュールとしては

4月中に会計士から決算書の残高確認を

主とする監査を受け、

業績速報用の決算数値がほぼ固まります

 

 

業績速報用の決算数値は、

決算短信と呼ばれます

 

 

この決算短信の発表以降は

決算数値は原則として変わらず、

開示書類の注記のチェックや

書類と書類の整合性の確認などが

中心になっていきます

 

 

つまり、

今回は決算短信以降に

業績修正が必要になっているため、

通常では考えられないような

異例の状況になっています

 

 

スルガ銀行の通帳残高の改ざんなど、

細かく違和感があるところは

たくさんあるのですが・・・

 

 

大きく分けると2つ違和感があります

 

 

まず、

 

 

事業計画をスルガ銀行と

シェアハウス運営側のスマートデイズが

オーナーに提示している点です

 

 

そもそも、

銀行からお金を借りる主体となる

オーナーが事業計画を作成し

資金の使途と返済計画を示すのが一般的です

 

 

お金を貸す銀行側が

事業計画を作って貸すというのは

やはり違和感がありますね

 

 

僕のお客様で銀行側から

不動産投資用の物件を

紹介されたことがありましたが、

あくまで紹介だけであり

事業計画を作って根拠は

こちら側で示しました

 

 

次に、

 

 

オーナー側で

借りてもいい上限金額

皮残できなかった点です

 

 

といっても、

プロの方ならまだしも一般の方では

やはり難しいかもしれません💦

 

 

不動産投資をするということは

経営者として意思決定をするということです

 

 

銀行主導ではなく、

経営者自身がまずは

借りてもいい金額を

皮算できるようになる

 

根拠ある事業計画の作り方と

借入金の上限金額

 

これはどちらも経営者が

学ぶべきお金の話です

 

 

ワークショップの冒頭でお話をしている内容です↓

 

==========================================

<内容>

1. お金の話を難しくするコツ・わかりやすくするコツ

2. 社長が学ぶべきお金の話、学んではいけないお金の話

3. 上手なコンサルタントの活用法(経営全体の最適化支援)

4. ドンブリ経営のレベル5段階

5. お金のブロックパズル・レクチャー

6. お金のブロックパズルのワーク(利益を2倍にするシナリオを作ろう)

7. お金の悩み階層化4ステップ(実際に経営改善をするやり方を学ぼう)

8. 経営数字を社員に伝える5ステップ・トーク

9. ビジョンに導かれる経営の全体図

10.  ビジョンづくりをお金のブロックパズルで裏付けする

==========================================

 

普段やっているワークショップでも

改めて強く強調していきます

 

 

※6月17日開催予定はまだ空きがあります

ご都合が合えばぜひご参加ください

 

 

 

本日もお読みいただき、

ありがとうございました

 

【ワークショップ&セミナー情報】

週に1~2回、ワークショップとセミナーを開催しています

詳細については下記をご参照ください

 

【2018年8月&9月】ワークショップ&セミナー

 

戻る